な、なんと!?ダイヤモンドが「4つ星」の納得価格♪

あと完全な平面が出ている訳ではないですが!ほぼ平面なのでシビアな使い方では無ければ気にならないでしょう。ダイヤの耐久性は低めで!徐々に剥がれていきます。鉈の刃こぼれを直したくて購入。

早速ご紹介♪

2017年11月03日 ランキング上位商品↑

ダイヤモンドSK11 ダイヤモンド砥石 両面タイプ 粒度 400/1000【楽天24】

詳しくはこちら b y 楽 天

次に買うときは粒度が3000〜4000のを買ってみようと思います。放ったらかしにしておくとうっすらと錆が発生しますので拭いて乾かして保管が大事ですね。包丁の修正も#400の面でゴリゴリ削れば簡単です。刃こぼれを修復するために購入し尚且つ砥石の減りのない物を探していましたが荒砥を一回で修復させ、中砥で半仕上げ。一つで荒砥、仕上げが出来るので便利かと思います。粗いだけあって仕事は早いです!!荒砥に使用しないときはセラミック砥石の面修正に使用しています。砥石の面直しに使う予定です。いろんな方のブログなどより!きちんと面取り出来ると思います。形の変化が少ない、こういう砥石が欲しかったから満足です。かなり重たいです。刃物を研ぐ面が!まっすぐ平らですので!有難いです。砥石の面の補正で購入しました。粒度400/1000は日頃自分が使用している刃物のサビ落としや欠けた刃の修復等にも使っています。中仕上げ適応の説明粒度1000ですが!中仕上げには!粒度が荒いので!仕上げが必要でした。木を削るのに使うらしいです。重量が適当にあり!使い勝手はいいようです。400と1000の組み合わせも良く使いやすいです。包丁・ナイフの荒砥ぎにも、中砥石のの面直しにも使い勝手良い。これからもう少し使ってみます。それでも家庭で月一位で使う分には数年は余裕で使えます。。お気に入りのダイヤ砥石です。ちょっと薄いかな?と思いましたが、厚みは約8mm程で重量感もありますので砥石を持って作業する時もあまり力を入れなくても作業が出来ます。両面ともかなり粗いので石に叩きつけてしまった鉈の修正に使用しました。それほど力入れないで研いだつもりですが、研面が滑らかになったような・・・砥石の面直しにはgoodです。力が弱いのか!時間が短いのかあまり実感がないです。思った以上に仕上がり大満足です。#1000の面は#1000にしては荒いので!次に普通の砥石の#1000〜#2000に進むのと丁度良いです。完全に職人さん用の品物らしいです。